永井豪記念館

永井豪プロフィール

本名・永井潔(きよし)、
永井豪記念館名誉館長。石川県輪島市に生まれ、幼少期を過ごす。
1967年に「目明しポリ吉」でデビュー以降、「ハレンチ学園」「デビルマン」「キューティーハニー」など数々のヒット作を世に送り出す。
永井作品は海外でも高く評価され世界的な人気を博すと同時に、近年では漫画作品が実写映画化されるなど、国や世代を超えた幅広い読者層に支持され続けている。
永井豪

永井豪略歴
1945年 9月6日、石川県輪島市に生まれる
幼い頃に手塚治虫の漫画「ロストワールド」に出会い、漫画家を目指す
 
1964年 3月 都立板橋高校卒業
 
1965年 9月 石森(現:石ノ森)章太郎のアシスタントになる
 
1967年 「目明しポリ吉」(ぼくら11月号/講談社)でデビュー
 
1968年 「ハレンチ学園」(少年ジャンプ/集英社)が大ヒット。 社会現象にまでなり、漫画界の常識を塗り替えた
 
1969年 4月 株式会社ダイナミックプロダクションを設立
 
1970年 日活映画「ハレンチ学園」公開
 
1972年 「デビルマン」「キューティーハニー」などがテレビアニメ化され、「マジンガーZ」でロボット漫画の新境地を開く。その後、「ドロロンえん魔くん」「グレートマジンガー」「UFOロボ グレンダイザー」などテレビアニメ作品が続き、 また同時にヨーロッパでも放映され、世界的な人気に
 
1978年 日本SF作家クラブに加入。その後、96年から2000年まで2期、会長を務める
 
1980年 「凄ノ王」で第4回講談社漫画賞を受賞
 
1989年 「永井豪のこわいゾーン」でビデオ監督デビュー。
以後「こわいゾーン2」「空想科学任侠伝ドス竜」と監督作品を発表
 
1997年 6月 日本SF作家クラブ主催でデビュー30周年パーティーが東京ヒルトンインターナショナルで催される
銀座「文春画廊」にて「デビュー30周年 永井豪展」を開催
 
1998年 7月 「永井豪世紀末展」をいわき市立美術館にて開催。
以降、新宿・三越美術館、北海道立旭川美術館、福岡県立美術館と全国巡回
 
1999年 「永井豪新人大賞」を「マガジンZ」(講談社)にて創設
 
2000年 「デビルマンイラストレーションズ展」を渋谷パルコにて開催
「SF漫画の世界展〜永井豪・手塚治虫二人展」を宝塚市立手塚治虫記念館にて開催
 
2004年 映画「キューティーハニー」(ワーナーブラザース)、「デビルマン」(東映)公開
 
2005年 大阪芸術大学 教授に就任
 
2007年 デビュー40周年を記念して『月刊アフタヌーン』(講談社)で「豪ちゃんマガジン」発刊
 
2009年 永井豪記念館オープン。名誉館長に就任。